法テラスの立替制度を利用

ジャッジガベル

分割で支払い対応可能

個人再生は弁護士だけでなく裁判所での実費もかかるので、他の債務整理の手続きよりも費用が高額になります。金銭的に余裕がなくて弁護士費用を支払うことが困難である場合は、法テラスの民事法律扶助制度を利用できるか検討してみることです。簡単にいえば、法テラスが個人再生にかかる費用を立替てくれるのです。法テラスでは無料で法律相談ができ、弁護士料金も197,000円〜359,000円で個人再生を行うことができます。この他に裁判所へ予納金があります。自分で弁護士を探して個人再生を行うと、着手金と報酬金だけで50万円は超えてしまいます。そう考えると法テラスを利用した方が費用を抑えることができます。法テラスで立て替えてもらったお金は、分割で支払いすることが可能です。しかし、この法テラスの立替え制度ですがデメリットもあります。最終的な支払いは自分で弁護士を探す時よりも安いのですが、所得や保有している財産が一定以下であることが条件なのです。個人再生は、継続的な一定の収入があることが利用条件ですが、法テラスの制度を利用するには所得が一定以下であることが条件なので利用条件としては厳しくなってしまいます。つまり収入が多い方は法テラスの立替え制度を利用できないことになります。法テラスの利用条件が厳しく費用の支払いが難しいという人は、法テラスが利用できなくても多くの法律事務所では債務整理費用の分割払いに応じています。毎月の返済が無理のないようにしてくれることができます。

Copyright© 2018 個人再生の費用を確認【事務所によって費用体系が大きく異なる】 All Rights Reserved.