負った負債を大幅減額

男性

住宅ローン返済はこのまま

個人再生とは、ローンの返済が困難な場合に裁判所へ申し立てを行い住宅ローンを除いた借入れを大幅に減額してその減額した借金を原則3年以内に分割して返済していく手続きです。減額後の借金を返し終われば、当初の借金の返済は免除されます。自己破産と違って住宅は維持することができます。個人再生手続きの流れですが、住宅ローンを除いた負債総額が5000万円以下であることが条件となります。地方裁判所に申し立てを行い、再生手続きを行うことを認めてもらいます。3年でどうやって返済をしていくのか計画を立てます。個人再生は自分一人でも行える手続きですが、再生案を計画するには複雑な計算も必要であり専門家の助けが必要になります。費用はかかりますが、司法書士または弁護士にサポートしてもらうのが一番です。そして、立てた再生計画を裁判所に認めてもらいます。裁判所から再生案の認可を受ければ、返済計画に基づき弁済がスタートします。再生案通りの弁済が終われば住宅ローン以外の負債の支払い義務を免れることができます。住宅は維持できますので、住宅ローンの支払いだけではそのままになります。個人再生は相場費用が50万円ほどかかります。これにプラスして裁判所での申し立て費用や諸経費、個人再生委員への報酬費用がかかります。お金はかかる手続きですが、住宅にそのまま住み続けることができ大幅に減額もできます。利用条件も厳しく厳格な手続きですが、住宅が守れることは最大のメリットです。

Copyright© 2018 個人再生の費用を確認【事務所によって費用体系が大きく異なる】 All Rights Reserved.