申立てに必要なお金

説明

お金が準備できない方は

借金返済でお悩みの方が住宅や車を失わずに債務整理をするのであれば、自己破産以外で考えることです。そうなると、任意整理、特定調停、個人再生の手続きがあります。いずれにしても手続きをするには費用がかかります。安価な費用で行える債務整理を順に並べると、特定調停、任意整理、個人再生の順になります。特定調停が一番安い費用で債務整理を行うことができるのですが、自分自身で裁判所に通わなければならず、必ず減額できるというわけではなく失敗してしまうケースもあります。任意整理ですが、弁護士に依頼して手続きを代行してもらうことができます。債務整理するローンを任意で選択できるので、住宅ローンや自動車ローンは整理対象から外せば、住宅・車を失わずに整理できます。ところが任意整理も強制力のない手続きですので、減額に応じる応じないは債権者の自由なのです。利用条件さえクリアすれば、個人再生は大幅に減額をさせることができる手続きです。他の債務整理の手続きと比べて、手続きに要する期間は約半年と時間がかかりますが、1000万円近くあった借金は最大で300万円まで減額することができるなど減額に大きい効果のある手続きです。その代わり高額な手続き費用がかかります。70万円近くかかりますが、これを払えば数百万円の借金を最大5分の1まで減額できます。個人再生の費用が準備できない方は、手続きには半年近くかかるのでその間返済はストップしています。この期間でお金を貯めたり、弁護士費用は分割または後払いにしてもらう、身内からお金を工面してもらう、法テラスの扶助制度を利用するといった方法があります。

Copyright© 2018 個人再生の費用を確認【事務所によって費用体系が大きく異なる】 All Rights Reserved.