法テラス利用した料金比較

握手

司法書士より弁護士へ依頼

個人再生で債務整理の手続きをするには高額な費用がかかる、とても払えないから法テラスの制度を利用することを検討したとします。立て替えてもらえるだけでなく、相場よりも安い費用で手続きができる、立て替えてもらったお金は後払いで分割可能なメリットがあります。法テラスの制度を利用すると、どのくらいの費用で手続きができるのか、司法書士と弁護士とで異なります。司法書士に法テラスの制度をして個人再生をすると、着手金と実費を含めて128,000円で行えます。弁護士に個人再生を依頼すると、197,000円〜359,000円で行えます。弁護士に依頼すると費用に幅があるのは、裁判所で個人再生再生委員が選任されるされない、事件の性質上処理が困難な案件がある場合があるので料金に幅があります。費用が安いなら司法書士へ依頼を考えてしまいますが、司法書士がサポートできるのは書面作成までです。地方裁判所への出廷は依頼者本人が出向く必要があります。弁護士であれば司法書士のように制限がなく本人の代わりに手続きを進めていくことができます。裁判所に本人が呼び出された際も弁護士が同席してくれるので裁判所からの質問にも本人に代わって回答してもらうことができます。司法書士にはこのような手厚いサポートはありませんので、平日仕事がありとても裁判所へ行っている時間的余裕がない方は、司法書士よりも弁護士に個人再生の依頼をお願いするのがおすすめです。

Copyright© 2018 個人再生の費用を確認【事務所によって費用体系が大きく異なる】 All Rights Reserved.