説明

申立てに必要なお金

個人再生は、自己破産以外の借金を減額する債務整理の中で一番高額な費用がかかる手続きです。その代わり70万円程度の費用を払えば、数百万円単位で減額ができる効果があります。費用に関しては、後払いや分割に対応している事務所に依頼することです。

本

相場はいくら

個人再生で債務整理をするには高額な費用がかかります。基本的に債務整理はお金がなく返済に困っている人が行う手続きですので、ある程度まとまったお金が必要になります。費用を準備できない方は、法テラスの立替制度を利用することができます。

ジャッジガベル

法テラスの立替制度を利用

個人再生の手続きは費用が高額です。支払が難しい人は法テラスの立替え制度を利用する手段があります。自分で弁護士を探して依頼する時よりも費用は安くいです。立て替えてもらったお金は、後ほど分割で支払いが可能です。

握手

法テラス利用した料金比較

個人再生の手続きをするには高額な費用がかかります。お金が無い方は法テラスの制度を利用することで、支払も安くなり立替えてくれるだけでなく分割にも応じています。司法書士のほうが法テラスを利用しても安いですが、サポートは書面作成までです。手厚いサポートは弁護士になります。

男性

負った負債を大幅減額

個人再生は、手続きに50万円程度の費用がかかります。これに裁判所費用も発生します。とても高額なお金がかかる手続きですが、借金は大幅に減額され3年間で返済が再生案通り完了すれば残りの負債支払いは免除、住宅を守ることもできます。

どのくらいかかるのか

男女

大まかな目安

個人再生は裁判所を介して行う手続きで、債務を圧縮することが可能です。種々の制約を一定期間受けることになりますが、家を持っている人ならそれを手放すことなく再建できるメリットがあります。個人再生に必要な費用は大きく分けて二つあり、一つは裁判所に支払う法定費用で、もう一つは弁護士や司法書士などに依頼するのにかかる費用です。裁判所へ支払う費用の内訳は4つあり、まずは申立て手数料である10,000円、官報に掲載するための予納金としての12,000円が必要になります。あとは、連絡をするために必要な切手代が4,000円から8,000円程度、個人再生委員に支払う報酬が150,000円から250,000円程度です。なお、個人再生委員が選任されない場合はこの費用はかからないことになります。弁護士や司法書士に手続きの依頼をした場合は報酬を支払わなければなりませんので、これ以外に別途費用が発生することになります。弁護士の方が手続きに関与することができる範囲が広いため、報酬の相場は弁護士の方が高くなります。一般的には弁護士の場合は300,000円から500,000円ほどで、司法書士の場合は200,000円から300,000円ほどとなります。開きがあるのは依頼する事務所によって費用体系が大きく異なることが理由です。なるべく負担をかけたくない場合には、低料金で依頼を引き受けてくれる事務所を探すようにすると良いでしょう。

Copyright© 2018 個人再生の費用を確認【事務所によって費用体系が大きく異なる】 All Rights Reserved.